私が恋人と同棲しない理由。

漠然とですが、「自分が見たことのない世界は、いったいどのようなものだろう」と、考えるのです。 言葉で表すことができなくて、それは絵でも...

記事を読む

LGBTに特化した友達はどこまで必要なのか。

私が思う友達とは、 「お互いの生きる世界を尊重し、時に喜び、時に悲しみ、ただ必要以上にお互いの世界に交わらない。」 言葉で表すとそんなイ...

記事を読む

突然のカミングアウトを受けて。4

障害を公表したい? 彼女は、力強くうなずきました。 「公表したら、何かが変わるかもしれません。」 何か...

記事を読む

突然のカミングアウトを受けて。3

ロッカーで40分ほど話を聞いていた。 彼女は、涙を流すこともなく、一言一言、言葉を選ぶかのように、ぽつりぽつりと話してくれた。 ...

記事を読む

突然のカミングアウトを受けて。2

「恋人に振られたんです」 彼女は少しうつむきながら、そう言った。 そういえば、夏に聞いていた。 職場の数人でご飯に行ったと...

記事を読む

突然のカミングアウトを受けて。1

「カウンセリングを受けてきたんです。」 体調を心配して声をかけた職場の女の子から、そう書かれた紙を渡された。 カウンセリ...

記事を読む

何が正しいのか。誰が決めるのか。

自分のことを「LGBT」だと知ったときは、ショックだった。 同性愛者、ではなくて、「LGBT」だと知ったときのこと。 「LGBT...

記事を読む

私が自分のことをLGBTだと一番感じた時。

このホームページというか、ブログというか。 このサイトを作ったときに、私はまずはLGBTの世間の印象がどういうものか気になったのでした。 ...

記事を読む

あいまいさの中間を模索して。

私は、普段職場で物事のシステムを作る仕事をしています。 それは、全くの白紙の状態から作るのではありません。 1つの指針があります。 ...

記事を読む

レズ風俗のレポを、女性しか愛せない私が読んで思ったこと。

何がきっかけだったのだろう。 あ、そうだ。 「ビアン 知りたいこと」 というキーワードで検索をかけていて、このサイトに...

記事を読む

若いころのビアンの私は、将来の仕事が一番不安だった。

せっかくブログを書いているので、自分のことを書こうと思います。 若い人が、少しでも将来に希望が持てるように。 そして、少しでも素敵な...

記事を読む

最近はセクシャリティに関して怒りを抱かなくなった。

20代の頃を思い出すと、私はセクシャリティについて結構焦った考えを持っていた。 「将来、どうしたらいいのかわからない」 その一言...

記事を読む

多くのモノに囲まれると思考が止まってしまう。

長い長い出張から帰ってきました。 久しぶりに自宅へ帰ってきましたが、「自宅」という感覚が自分の中ですごく曖昧なものになっていることに気づい...

記事を読む

社会の変化を感じる

「結婚しないのか」 聞かれなくなった。 聞いていたのは、上司や後輩じゃない。 友人たちだった。 ...

記事を読む

マツコがLGBTに関して発言しない理由

マツコ・デラックスが「LGBTに関して発言しないようにしている」と発言したことが、ニュースになっていた。 でも、これが一番賢い...

記事を読む

異性愛も勉強になる。

彼女は女の子なので、異性愛のドラマも参考になる。 例えば、手をつなぐタイミングとか。 キスの仕方とか。 「...

記事を読む