私の愛、恋人の愛。

このブログには、近々の内容は書かないと決めてはいたのですが、
今回、改めて恋人の偉大さを考えたので、書いてみます。

 

これから書くことは、単なる私の愛に関する考えです。
もちろん恋の形や関係によっていろいろな愛の形がありますから、すべてのみなさんが私のような考えだとは思いません。
単に私の個人的な考えなので、過剰だなって思われたら、読み飛ばしてくださいね。

 

 

著名女性が亡くなられましたね。
ご冥福をお祈りいたします。
私はアメーバブログのアカウントを持っているので、月に数回、
思い立った時にアプリを使って、そのアカウントから自分がお気に入り登録している方々のブログを見ています。
アメーバのアプリを使ったことがある方ならばご存知だと思いますが、アプリを開くと、お気に入りに入れていなくとも、
人気著名人の記事が、ピックアップされ掲載されていますよね。
そのピックアップに頻繁に載っていたのが、今回亡くなった方と、旦那さんのブログでした。

 

私は恋人と、お互い亡くなった女性と年齢が近いし、また病名も私たち女性にとっては身近なものだったので、
時々ではありましたが話をしていました。
なので、お昼にニュースで彼女の話を知った時はショックでした。
亡くなるわけがない、とは思っていなかったのですが、まぁ。
気持ちの整理とは、難しいものだと思いました。

 

 

今の私には愛する恋人がいます。
私の恋人は大きな夢を持っているのですが、恋人を傍で見ている間に、いつしか私が支えるようになり、
今では私の夢も恋人と一緒のものになりました。
私と恋人は、今、二人で一緒にここには書くことができない夢を、現実世界で堂々と追いかけています。
恋人を見ていると、気づくたびの成長には驚きます。
どんどん新しいことを見つけてきて進むため、どんどん私の仕事が増えます。
そんな恋人はエネルギーに溢れていて、私も一緒にワクワクし、同じ体験をすることができてとても嬉しくなります。
もちろんその過程では良いことばかりではなく、辛いことがあれば二人で泣きましたし、不安なときは二人で眠れぬ夜を過ごしました。

きっと亡くなった彼女も、ご家族の方々の成長を見ていて、似たような思いだったのではと想像します。
ご主人のコメントに「自分が成長する姿を、もっと見てもらいたかった」とのコメントがありましたが、
これに似た言葉を、私は恋人に毎日のように言われています。
恋人は自分の夢を語りながら、私への感謝の思いも口にしますが、
夢を追いかける人にはそれなりの孤独があり、不安があるはずです。
きっとご主人は、奥さんの応援に助けられていたことでしょう。
ご主人の言葉は、ご自身の真意を話されたのだと、私は個人的に感じました。
一番の理解者がいなくなった不安、と、一番支えてあげたい人の傍にいることができなくなったこと。

彼には、きっと見たい景色があったはずです。
その景色は、ひとりで見たかったのではなく、愛する人と見たかったことでしょう。
勝手に今の自分の立場に当てはめて、私は少し涙しました。

 

私は、数年前IPS細胞の話が出てきたときに、「自然の摂理に反してまで長生きしたいとは思わない」そうネットに書きました。
しかし今では、もし大切な人にそれが必要であれば、喜んで私は受け入れることでしょう。
私の考えが変わったのも、今まで経験したことのない愛を、今の恋人にもらっているためです。
彼女は私を変えましたし、私も彼女を変えてきたようです。

 

ネットを検索をしてみると、著名な彼らについては、目を背けたくなるような内容の記事が多く見つかります。
結婚の真意、お金、その他いろいろと。
だけれども、ご主人は奥様に関して、毎日純粋な愛を語っていたのだと思います。
そこはネットには決して語られない、二人だけの秘密でしょう。
ご主人は、誰よりも奥さんを愛していたと思います。
このことに、もっと早く気付けたらよかったなって、ちょっと思いました。
もっと早く気付けたら、もっと違う応援ができたかもしれないのにと。
でも、私が応援したところで何も変わらないのですけどね。

 

だけれども、今回のご夫婦の存在は、私自身自分が恋人からもらっている愛について考えるいい機会になりました。
愛しすぎて、殺してしまう愛もあるじゃないですか。
私の愛の形がどういうものであって、恋人がくれる愛の形がこうで、二人の愛がまとまるとこういう形になればいいなって、良い考えができました。
恋人を、改めて大切にしなければと思います。

 

そして、ビアンのみなさんの愛も、いろいろな形があると思います。

それぞれに、実りあるものになるといいですね(^^)




つづく。



にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(アダルト)へ
にほんブログ村
↑ 他のビアンの方々のブログも、
良かったら覗いてみてください。