私たちは存在するのか?

NO IMAGE

人と人の出会いは、素晴らしいものだと思う。

 

これだけたくさんの人間がいながら、巡り合う。不思議だな。

今この文章を、画面の前で読んでいる人がいるのですよね。
同じ時を生きながら、違う価値観で、違う世界を生きている。

 

面白い。

 

 

コメントやメッセージをくださるみなさん、ありがとうございます。
少し私生活が忙しく、対応できていません。
すごく勇気を出して書いてくださったのであろう、緊張した文面を見ていると、
私も自分の経験を思い出します。

 

 

私が独り身だった頃に、恋人のいる素敵なビアンさんのブログに惹かれました。
そして、私は彼女にブログを通してメッセージを送ったのです。

 

緊張しました、だってまだ学生でしたから、
社会人の彼女は雲の上のような人で。
ブログには、美人な彼女の様子がわかる写真の数々と、繊細な文章。

 

 

憧れでした。

 

 

だけど、彼女から返信がありコメントを交換する間に、
私の気持ちは、すっかり憧れから恋になってしまいました。
恋に落ちたら最後。
恋人がいる彼女にこの気持ちを受け入れてもらえる訳はなく、
辛い別れとなりました。

 

 

何が言いたいかというと、
上記の私のようにならないで欲しいな、
という思いがあります。
私が自意識過剰だと笑われる程度ならいいのですが、
走り始めた人の恋心は、誰も止めることができません。

 

私も、人の思いを受け止めることができるほどの度量もないので。
お互い複雑な思いをすることになったら悲しいですよね。

 

 

 

私は、ここを書く前にはいつも画面の前でお辞儀をする気持ちで向かっています。
コメントに対しても。
そしてできるだけ率直な文面になるように。
あと、セクシャルな話には意識的に返しますが、プライベートな話題には触れないようにしています。

 

一線を、引くようにしています。
もちろん、コメントを交換する間に親しくなることもあるでしょう。

私にも、そんな人がいます。
5年前にブログにコメントをくれた人で、まだ一度も会ったことのないビアンさんです。

 

 

 

私にも経験があるので、いろいろなお話をいただき心配をしています。
顔を出すつもりはありませんし、出て行くつもりもありません。

 

でもこういうところでブログを書く以上は、
これも役目なのかもしれませんね。

 

 

今日は素敵な1日になりそうですか?
笑顔溢れる1日になるといいですね。




つづく。



にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(アダルト)へ
にほんブログ村
↑ 他のビアンの方々のブログも、
良かったら覗いてみてください。