日常の一場面

犠牲になるビアンがいるかもしれない。

最近は「マッチングアプリ」というアプリを利用した出会い方が、世界中で流行っているらしい。

流行に誰より疎い私に「流行っている」という情報が入ってきたということは、
もうすでに流行りのピークは過ぎているのかもしれないけれども。

 

マッチングアプリとは、利用者が登録した情報をAIが分析し、
相性が良いと考えられる人同士をコーディネートする仕組みのアプリらしい。
相性診断と出会い系が一緒になったようなものか。

 

 

種類はいろいろなサイトがあるようだ。
利用者が増えているということは、それだけAIの性能が良く、マッチングの実績が高いのだろうか。
悪評ならば、某メールサイトのように様々な噂が立つはずだ。

 

 

とりあえず、ビアンのマッチングアプリを検索をしてみる。

 

・・・・。

 

該当するアプリはない。

 

 

だが、気になる事を見つけた。

 

「ビアン」「出会い系」「サイト」をキーワードとして検索した時のことだ。

 

画像のような、検索結果が一覧として表示された。

まずは、二段目の【知らないとやばい!】という表示に目がいく。

 

私は知らない。
ヤバイらしい。

どうヤバイのだろう。

 

 

つづいて、検索1位に上がってきている

レズ出会い系の優良サイトランキング!安全なビアン専用掲示板!

 

というサイトが気になったので見てみることにした。

すると、

 

 

 

私が悪評サイトだと思っている某メールサイトが一番上に上がっている。

 

イメージモデルに芸能人を起用する安心の優良レズ出会い系サイト!

 

レズ出会い系サイト?

 

 

数年の話だが、
某メールサイトは、男女の出会い系サイトだった。
もちろん最終的にはホテルへ行き欲求を発散させるための出会い系サイトであり、
恋愛をするための出会い系サイトではなかった。

当時の利用は、男性は登録料が必要、女性は登録料は無料で、大量のDMで勧誘をかけていて、
サイト内ではサクラ(仕事としてメールを返信する女性)が、有料会員から課金を取ろうと頑張っていたというニュース。

 

へー、今はビアンの出会い系サイトでおすすめ1位らしい。

 

 

 

へー。

 

 

 

ま、そのHPの勧誘で本当のビアンの人たちが登録をしていて、出会いの確立が上がり、実際にいい出会いをしている人もいるかもしれないので、あからさまに批判をしたら良くないだろうけれども。

これが今どきなの出会いなのかな?

 

 

 

犠牲にならないで欲しいな。

 

 








にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ