私が出会い系掲示板を利用した時のこと。

先日、もっともらしく某出会い系のサイトを批判しているので、
反対のことも書いておこうと思う。

 

犠牲になるビアンがいるかもしれない。

 

私は、出会い系の掲示板を利用して、ビアンと出会ってきた。
そのことは、「随分と昔の話」というカテゴリーに、長々と過去のこととして書いている。

 

http://feellife.info/category/随分と昔の話/

 

普通の生活から出会た人もいれば、このようなサイトを利用し出会ったこともあった。

そして今の恋人とも、私はこの出会い系のサイトで出会っている。

 

 

 

 

私は田舎育ちで、周りには幼馴染、顔見知りの人間ばかりという環境で青春時代を過ごした。

当時はそのような環境の中で、同性愛者と出会えるわけがないと考えていた。

 

だが、携帯電話を持つことによってネットの掲示板サイトを見つけて利用するようになる。

その当時利用し、見ていたサイトは複数あるが、
中でも一番本命だと私が思っていたサイトを書いてみる。

 

 


女の子と女の子との素敵な出会い

 

 

この掲示板だ。
サイトトップ画像は少し前の時代を感じさせるが、これは私が出会い系サイトを利用していた10年前近くから変わっていないので、あまり気にしなくてもいいのかもしれない。

このような宝塚風の画像だからと言って、宝塚風のビアンが集まっているわけではない。

 

サイトにアクセスをすると、サイトについての説明や、利用の注意事項が記載された後、下へ下へ降りていくと、

 

 

という出会いの掲示板、という部分がある。
この最下部に、

 

 





 

地域別の出会い掲示板がある。
この部分の、自分の該当する地域の掲示板を私は利用していた。

 

クリックしてみると、

 

 

 

上部に、自分の投稿内容を入力するところ、 その下部には、投稿した人たちの情報が掲載をされる。

 

 

自分のことを投稿してみる

 

投稿画面は、このようになっている。

 

●おなまえ:自分が好きな名前を入力

●年齢:正直に年齢を書く人もいれば、20代、30代とぼやかす人もいる

●地域:県や、市や広く言えば地方であったり、自由に記載できる(はず)

●Eメール:自分の投稿を見てくれて、いいなと思った人が連絡をくれる際に必要な連絡先になる。どのような人から連絡があるかわからないので、サブアドレスが望ましい。またアドレスの「@」を「☆」などに置き換えておき、コメントに「アドレスの星は「@」に置き換えて送ってください」と書いておくと、迷惑メールを防止することもできるし、自分の投稿をきちんと読んでメールを送ってくれたことがわかる。

 

あと、この掲示板には、

 




という、直接メッセージを受け取らない方法で連絡をすることもできる。

データは、私書箱という、

パスワードで管理されたネット上のサーバーへアクセスすることによって見れる仕組み。

 

●題名:「恋人を募集しています」「友達を募集しています」など自由に書く

●コメント:自由に書く

●URL:特に書かなくて良い

●削除キー:必ず記載する。そして、記載した英数字は必ず覚えておくこと。削除するときに必要になるからだ。

●文字色:自分が好きな色を選択する

 

他の人の投稿を見ながら書くと、いいのかもしれない。書いたあとは、自分に連絡が来るのを待つことになる。

 

 

投稿せずに、自分がいいなと思う人にメールをする

自分から、書き込みがある人に連絡を送ることができる。

投稿者の名前が、青文字になっている場合は、メールアドレスが記載されている人だ。

気になる人には、メールを送ることができる。

 

 

【メールを送る前に気を付けたいこと】

知らない人に突然にメールを送ることになるのだから、最低限のマナーはクリアして送りたいものだ。

●タイトル、どこの掲示板を見て連絡したのか書いておこう

●名前、自分の名前はハンドルネームでいいので、必ず書いておこう

話が続いている間に、必ず呼び名は必要になってくるものなのだから

●挨拶、初めまして、や、こんにちは、くらいは言いたいところ

●相手と同じ情報量を、相手が掲示板に書いている情報量と同じ内容は、最低限記載しておこう

相手が年齢、住まいを書いているのであれば、こちらも同じ項目を記載しておく

 

 

投稿の「コメント」の書き方について思うこと

【自分】
○○住の20代のタチです。
仕事は特に決まっていません。イチャイチャしたいです。かわいい子、募集してます!

 

 

このコメントを見て、あなたはこのタチの人と会話をしてみたいと思うだろうか。

私ならばもっと深い考えを持っている人と話をしてみたいところだけれど、

会話をしてみたいとあなたが思うのであれば、あなたはこのタチの人とにたような考えの人だ。

 

今が楽しければいいのだろう。

それこそが、「気が合う」という一番重要なことだ。

 

 

 

自分がいくら「心の美しい人と付き合いたい」と考えていても、

その心の美しい相手が、自分のことを「恋人」としてみてくれなければ、話は進まない。

となると、「自分が理想としている人は、いったいどういう人に恋をするのだろうか」

ということを考えて、コメントを書かないと、自分の的外れ的な人ばかりからコメントが来てしまう。

 

例えば、

自分と同じくらい知識と教養がある人と出会いたくて、成果報酬である年収を書いたとする。

しかしコメントが来るのは、そうとは思えない軽い思考の人ばかり。それは、その年収にあやかりたい、紐になりたいという考えの人がコメントをしてきたからだ。

知識と教養がある人ならば、年収ではなく、もっと精神的な美意識を求めるのではないだろうか。と考えると、書く内容はもっと変わってくるだろう。

 

 

 

 

 

ざっと、思うことを書いてみたが、
これは私個人が、このサイトを利用した経験から思うことを書いた記事である。
サイト利用を促進するものではない。

利用する際には、サイトに書かれている注意事項を参考に、注意深く行ってもらいたものです。
中には、短文で男性をうかがわせる投稿や、同じ投稿を繰り返し行っている人もいる。
そのような人を見分けるには、投稿した人のプロバイダーが表示されている部分に注目すると、わかると思う。

 

 

くれぐれも気をつけて。

 

 

 

出会い系サイト全てが悪いとは、私は思っていない。
私は利用しなければ、今の恋人に出会うことはできなかっただろうから。

だから、このサイトには感謝をしている。

 

 

 

しかし、人によっては出会い系サイトに良い印象を持っていない人もいるのは事実だ。
そのような人は出会い系サイトに近寄らないようにすればよい、それだけだ。

 

それに、利用したからと言って、本当に出会えるかどうかは、わからない。
友達として出会いたいと考えていても、
相手は恋人についても延長線上で考えていることは間違いないだろう。

その結果出会えなくても、サイトのせいにしてはいけない。

価値観が合う人が、その時のタイミングにいなかっただけだ。
また時期を変え、タイミングが合えば、きっと価値観が合う人に出会うことができる。

 

・どのような人に出会いたいのか
・その理想とする人は、どのような人を好きになるのだろうか
・自分は、理想とする人が好きになるようなタイプの人間になれているだろうか

 

そのピースが合ったときに、出会いは訪れる。

日常でも、非日常でもね。

 

 

 

 

 

では、良い出会いを。

 

 


女の子と女の子との素敵な出会い




つづく。



にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(アダルト)へ
にほんブログ村
↑ 他のビアンの方々のブログも、
良かったら覗いてみてください。