あの有名写真家も#MeToo加害者か。

ネットでニュースになっていましたね。

有名写真家のモデルさんが、
この有名写真家を相手に、#MeToo被害?を告白したこと。

 

私は、この有名写真家のことをこのニュースまであまり知りませんでした。

「ファッション誌の撮影をする人」

と思っていましたが、
結構、性にオープンな写真を、このモデル女性を題材に撮影されているんですね。

写真家の人を検索してみると、ちょっと驚きました。
典型的な〇ロジ〇イの印象。

おっそろしいなぁ。

 

そして、この被害を告白したモデルさん。
いったいどんなお顔の方なのか気になりまして、お名前を検索してみました。

 

目鼻がくっきりとした、少し悲しげな印象。
しかし、

 

 

私FEEL
(この顔、どこかで見たことあるぞ)

 

 

一瞬にして思いました。

 

 

私FEEL
(何で見たのだろう)

 

 

この違和感のある女性、いったいどこで見たんだろう。
しばらく考えていると、

 

 

私FEEL
(そうだ、あの本だ)

 

 

 

Peeさんの仕事関係で買った本に、このモデルさんの写真が載っていたことを思い出しました。

この、ニュース発見→モデル女性検索→本突き止める
までの流れをPeeさんに話をしたところ、

 

 

彼女のPee
よく、そんな古い本を覚えていたね

 

 

と言われました。
確かに、購入したのは2014年ですから、3年以上前の話です。
その本を引っ張り出し、モデルさんと、写真家の名前を確認。
当たっていました。

 

 

彼女のPee
FEELは変態だからね
私FEEL
違うもん。この女性が特徴的だったんだもん

 

 

このモデルさんの、恰好・様子は裸でアダルトなのに、顔はしっかり鎧を付けているというか、
その違和感みたいなものが、当時の私はすごく気になったのですよね。

そして、健全な本にアダルトの写真が堂々と掲載されていたことにも、もちろん。

 

 

でもさ。

この二人の間にどんな理由があったのかはわかりませんが、今少し、女性の扱いについて考えてもらいたいですよね。

 

 

時代は変わったのです。

その変化に、高齢の人ほど、ついてきて欲しいと思います。




つづく。



にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(アダルト)へ
にほんブログ村
↑ 他のビアンの方々のブログも、
良かったら覗いてみてください。