自分を変えるのは、自分。変わりたいから、変わる。

自分を変えるのは、自分。変わりたいから、変わる。

人の価値観は、変えることができない。

 

今まで何度となく聞いてきた言葉だけれども、
私は、

「人の価値観も変えることができる」

と思っている。
ただし、

「その人も、変わりたいと思っている」

という条件がつく。
そう、本人が望むのであれば、それは実現するのです。

 

 

しかし、変わろうとも思っていない人を変えることはできない。

 

 

だから、そんなときは私が変わることにしたようです。

「したようです」
と書いたのは、「そうしよう」と私が意図的に思ったのではなく、
いつの間にか気づいたらそう変わっていただけのこと。

 

 

その一つに、リアル現実世界での恋人の存在話がある。

・長く付き合っている恋人がいる
・でも、結婚も同棲もしない
・写真も見せない
・恋の話のしたがらない

こんな私に対して、今まで多くの友人、同僚は、

「不倫の恋愛をしている」
「恋人はいないのに、いる振りをしている」

そう言ってきました。

 

そりゃそうですよね。
カミングアウトしてないんだから、そうなります。

人に言えない恋=不憫な恋=不倫

世の中の発想は、そういうものです。

 

以前の私は、こう発想されることが、すごく嫌でした。
自分を悪く評価されている気がして、すごく嫌でした。

でも、今時点の自分は、

「どうとでも、思ってください」

と考えている自分がいます。

 

 

そう考え始めたのは、やはり、「私のことを理解できる人は少ない」と感じたことが、主なきっかけです。
同じ価値観の人は、そうそういない。

皆さんの職場や学校も、そうではないでしょうか。
理解して欲しいけど、理解されない。

そんなこと、多いですよね。

 

 

そんな時は、理解してくれない彼らを、こちらが理解するのがいい手かもしれません。

「理解できないんだね、そっか。うんうん、好きに思っていいよ」

みたいな。

 

その方が、きっと相手よりも上手です。




つづく。



にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(アダルト)へ
にほんブログ村
↑ 他のビアンの方々のブログも、
良かったら覗いてみてください。