出会ってしまった春。

春ですね。

 

春といえば、「出会い」ですが、私のこの春の出会いは「リュック」でした。
肩に紐をかけて背負う、あのリュックサックです。

 

Pee さんと、某アウトレットの木の下に座って少し休憩しているときに、お店の入口に変わった形のグレーの袋を見つけました。
私たち2人とも気になっていたようで、

 

 

彼女のPee
あの袋っぽいもの、気にならない?
私FEEL
うん、気になってた!

 

 

ということで近づいてみると、その袋はリュックでした。

私には、ずっと欲しいなと思いを寄せていたリュックサックがあったのです。
フランスのメーカーで、ご縁があって夏に実物を見ることができたのですが、
背負ってみると、このリュックが思ったより大きくて。

 

 

彼女のPee
大きいね。
私FEEL
大きいよね・・・ショボーン。

 

 

すぐ隣にあったもう1つのリュックも背負ってみたのですが、
自分のリュックを背負うシルエットが、まるで黒光かりする昆虫を背負っているかのよう。

 

 

彼女のPee
なんか・・・
私FEEL
似合ってないよね。

 

 

ということで、この日はリュックは買わずに帰りました。

そして数日後、その私が気になっていたリュックを背負って、自転車で疾走している女性を道で見たのです。
確かに目を引くリュックでカッコよかったのですが、やはり女性には大きすぎるサイズ。

人の振り見て我が振りなおせ、ではないですが、この女性の様子を見て、そのリュックの諦めがついた私でした。

 

 

 

ですが、出会いは突然に。
アウトレットの木の下で、そのグレーのリュックに出会ってしまったのです。

サイズもちょうどいいし、店員さんの「有名ブランドを真似た形です」という、大変素直な接客も気に入り、購入。

その夜は、嬉しくていつの間にかリュックを背負ったまま眠ってしまいました。
自分でも、まるで子供のようだなと思いました。

何歳になっても、嬉しいことがあるのは幸福なことですよね。




つづく。



にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(アダルト)へ
にほんブログ村
↑ 他のビアンの方々のブログも、
良かったら覗いてみてください。