第七章 見失う一覧

【4】無責任な自分

私は、男になりたかったわけではないのは、彼女は知っていた。 彼女だって、男になるつもりはさらさらないはずだ。それをすべてわかっ...

記事を読む

【3】無責任な自分

大学3年生のとき、就職先を決めなければいけない時期がやって来た。 T姉:「いつか同棲しよっか」 彼女がそう言って...

記事を読む

【2】無責任な自分

T姉さんは、2人男性経験があるようだった。 男性との恋愛と女性との恋愛の違いを徐々に感じていたようで、よく、その違いについて話をしていた。...

記事を読む

【1】無責任な自分

Nは、私と別れた1年後に大学を中退した。 「大学に通う意味を見いだせなくなった」というのが彼女の話だった。 その原因に、私自身が入っ...

記事を読む

【4】音の誘い

彼女と別れ話をしていた場所は、田舎道だった。 車を止めていたところは、少し開けた場所ではあったのだけれども、 山際には高い壁...

記事を読む

【3】音の誘い

Nには、T姉さんの事はなにも話さなかった。 こういう話ができない関係になっている時点で、私たちの関係は既に崩れていたん...

記事を読む