第四章 同性への憧れ