第六章 恋人の暖かさ-馴れ初め