第三章 自身に対する同性愛者としての失望