第二章 LGBTに対する流れはどこに向かっているのだろう