LGBTに関する制度

【任意後見人】になれる人は限られる

先日、各市区のパートナーシップ制度についてまとめました。

「パートナーシップ制度」今LGBTの方々が一番気になる話題ではないしょうか。2015年(平成27年)の4月1日より、渋谷区がパートナーシップ制度に関する条例を作成、日本各地で同制度が広まり始めています。今日時点で、私が調べてみた結果、6市区が制定しています。6…

前回の続きから書きます。前の記事は、をご覧ください。 2.承認これらのまとめているパートナーシップ制度は、国の法律ではなく、各市区内で生きる制度となっています。ですので、区は区長、市は市調印の証明書、または受領書をもらうことになります。しかし…

その中に、渋谷区のパートナーシップ制度の利用条件として、任意後見契約が入ることを記載しています。

 

渋谷区のパートナーシップの確認は、以下の公正証書を区長が確認することによって行われます。

①当事者双方が、相互に相手方当事者を「任意後見契約に関する法律第2条第3号に規定する任意後見受任者の一人とする任意後見契約の公正証書を作成し、かつ、登記を行っていること。

②共同生活を営むに当たり、当事者間において、次の事項についての合意契約の公正証書

・両当事者が愛情と信頼に基づく真摯な関係であること。

・両当事者が同居し、共同生活において互いに責任を持って協力し、及びその共同生活に必要な費用を分担する義務を負うこと。

 

とうことで、今回は①の任意後見契約に触れ、任意後見制度についてまとめてみます。

まずは任意後見制度とは、制度上は「成年後見制度」という、権利を擁護するための制度になります。なので、まずは成年後見制度から書いてみます。

 

○成年後見制度

成年後見制度とは、認知症、精神障害、知的障害などの理由で判断能力が不十分な人が、財産管理や日常生活で、契約などを行う時に、判断が難しく不利益をこうむったり悪質商法の被害者となることを防ぎ、権利と財産を守り、支援する制度のことです。

支援を受けられる法律行為は、財産管理身上監護の2つがあります。(財産管理と身上監護の詳しい内容は、3.仕事内容に書きます。)

成年後見制度には、法定後見制度任意後見制度の2種類があります。この2つの制度は、利用する人の判断能力の必要性に応じて分けられていますので、表にまとめてみました。

一番右側、色がついている部分が任意後見制度の部分です。
では任意後見制度(一番右側)について、詳しく書いていきます。

 

1対象者

任意後見制度の対象者は、現時点で判断能力のある人が対象です。
その現在判断能力がある人が、将来自分の判断能力が衰えたときのために、法律行為を自分に代わってやってもらう人(任意後見人)をあらかじめ自分で決めておく制度になります。なので、同性愛者である人に限らず、一般の人も利用している制度です。

もし、判断能力のない人がこの制度を利用するならば、法定後見制度になります。利用のほとんどが身寄りのない認知症高齢者や、虐待を受けて家族を頼りにできない人などになると思います。

 

2支援する人

本人に代わって支援を行う人を、任意後見人といいます。同性愛者が任意後見契約を結ぶということは、自分で正しい判断ができなくなったときに、変わりに判断してくれる人を明確にしておく意味があります。

ただ、ここで注意したいのが、任意後見人になれる人です。

おそらく、大半の方がパートナーを任意後見人にしたいと考えられていると想像しますが、任意後見人になれる人は限られます

優先順位があって、まずは①親族の人。現在の司法の元では、親族に一番権限があります。なので、まずは親族です。続いて、②第三者として弁護士、司法書士、社会福祉士、行政書士等の専門後見人と呼ばれる人。その次が、③市民後見人という、各市町が実施する市民後見人養成講座を受講し、市民後見人と認められた人となります。

単なる「同性のパートナー」はどこに入るかというと、実はどこにも入りません。パートナーであっても、かつ②③でないと任意後見人にはなることはできないのが現状です。

任意後見人は、利用者本人のお金や財産の管理をするなど、役割は大変大きいです。また後見人として活動が開始されたら、必要な書類も作成し、裁判所に提出する義務も生じます。それらの役割をきちんと果たせる、「この人なら任せても大丈夫」と、家庭裁判所が認めた人が任意後見人です。

友人・知人は後見人にはなることができない、という法律はありませんが、いくらパートナーであっても社会的に信用がある職種、また借金の有無、犯罪の有無などを調べられた上で、裁判所に認めてもらうことになります。

現在、ちらっと渋谷区の制度を利用した人を調べてみましたが、パートナーさんが弁護士の人や、職業は書かれてはいませんが②の雰囲気がする方や、経営者などの社会的信用がある方などです。一般の方は、難しいのではと思います。

そしてパートナーシップ制度も始まっていない私が住む市町では、単なるパートナーが任意後見人に認められることは、まず無いと思います。重要視されるのは、

パートナー 専門職・社会的信用度 です。

 

3仕事の内容

財産管理
財産管理とは、本人の預貯金の管理、不動産などの処分、遺産配分など、財産に関する契約について、助言や手助けをすることです。

身上監護
身上監護とは、介護・福祉サービスの利用や医療・福祉施設への入退所の手続きや費用の支払いなど、日常生活に関わってくる契約などの支援をすることです。

 

4代理権

代理権とは、本人に代わって契約などの法律行為ができる権利です。

本人との契約で定めた行為と書かれています。この契約を行う際に、細かく支援内容を契約、決めておく必要があります。この時、「保険対応は含まないけど、医療対応はお願いします」など、本人と任意後見人の間で話をすることになります。

 

5同意権・取消権

同意権
同意権とは、本人が契約などの法律行為を行なうに当たり、支援する後見人の同意が必要となること

取消権
取消権とは、支援する後見人の同意がないまま、本人が契約など法律行為を行った場合に、支援する後見人がその行為を取り消すことができること

です。任意後見人制度は、今現在利用者は判断能力があるわけですから、「自分の意思で決定することができますよ」ということです。

 

費用・期間

利用の申出を行うにあたっては、家庭裁判所が指定した様式の作成と、医師の診断書等が必要になります。また、裁判所への手数料等の費用もかかり、約3~10万円程度がかかります。そしてこの額が、パートナー分も必要です。

認められるまでの期間は、4~8カ月くらいかかります。ですので、すぐ申し込んで、すぐに利用できる制度ではありません。

利用するとき、つまり本人の判断能力が十分でなくなったときには、本人や任意後見人等が、家庭裁判所に申出を行います。すると、家庭裁判所が任意後見監督人を選任し、任意後見人は、任意後見監督人に監督をされながら、本人の変わりに支援をしていくことになります。

また、任意後見人には報酬が発生します(市民後見人については、市町によって報酬の有無があります)。制度を本当に利用しなければならなくなったとき、自分自身は判断がつかない状況ですが、世話をしてくれる後見人には、報酬を支払うことになります。

 

○まとめ

難しい書き方になってしまいましたが、同性のパートナー間でこの制度の利用を考えると、任意後見人にパートナーが必ずなれるとは限りません。もしかしたら、パートナーのどちらかは後見人として認められず、弁護士になってもらう可能性もあるわけです。その辺りの判断は、弁護士や、公証役場に相談してみて下さい。

 

まぁ、なかなか・・・面白い制度ですよね。
パートナーと借証明するには、今の日本では養子縁組や、この任意後見人制度くらいしかありませんが、以上の通りの状況です。

もしあなたが嘆くなら、是非制度を知って嘆いてほしい。
嘆いても、社会は何も変わらいけれど、あなたは自身は変われるはずです。

そして気づくと思うのです、嘆くほどでもないかもしれないってことに。

 

私は、今の恋人と結婚したいと思っています。
結婚したい一番の理由は、自分にもしものことがあったときに、できる限りのものを彼女に残したいからです。
式を挙げたいとか、周りに祝福されたい、そういう意味で結婚したいのではありません。
私の大切な、大切なパートナーを、いつか法律婚内の社会制度の中に入れて、私個人ではできない守り方ができたらいいなと思っています。

 

だけど、そのために何か社会に対して行動したいわけではありません。
私は、隠れビアンです。

今は粛々と、来る日に備えて貯金に励むのです。

台湾の同性婚が事実上認められたことが、昨日のyahoo!ニュースに載っていました。読んでいて、大変嬉しかったです。日本も、同性婚が合法化される日がくると嬉しいですね。せっかくなので日本も含め、世界の同性婚事情をまとめてみます。 1.アジアの初の同性…

「パートナーシップ制度」今LGBTの方々が一番気になる話題ではないしょうか。2015年(平成27年)の4月1日より、渋谷区がパートナーシップ制度に関する条例を作成、日本各地で同制度が広まり始めています。今日時点で、私が調べてみた結果、6市区が制定しています。6…

前回の続きから書きます。前の記事は、をご覧ください。 2.承認これらのまとめているパートナーシップ制度は、国の法律ではなく、各市区内で生きる制度となっています。ですので、区は区長、市は市調印の証明書、または受領書をもらうことになります。しかし…

 

 








にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ