日常の一場面

多くのモノに囲まれると思考が止まってしまう。

長い長い出張から帰ってきました。
久しぶりに自宅へ帰ってきましたが、「自宅」という感覚が自分の中ですごく曖昧なものになっていることに気づいたのでした。

自分の場所だけれども、どこか自分の場所ではない。

 

そんな気持ちがしています。

 

布団、机、パソコン、本。

 

どれが自分のモノなのだろうか。

この部屋、この廊下、この家。

 

 

私は、ここにいてもいいのだろうか。
そんなことを考える、今この瞬間です。





▼ランキングに参加しています。




にほんブログ村