日常の一場面

ただ早く行けるとは限らない!高速道路を使っての通勤は渋滞に要注意。

週に2回ほど、高速道路を使って通勤しています。
通勤先は、1つは名古屋の田舎町、もう一つは京都市内です。

もう通勤して1年が経つわけですが、この1年の間に高速道路を使って通勤するときに注意しておきたいこと、また自分がいつも注意していることがまとまってきたので、書いておきます。
高速道路での通勤が始まる方がおられたら、新生活の参考にしてください。

高速道路は渋滞が天敵

高速道路で一番困ること、それは渋滞です。

通勤の習慣ができる前から高速道路は利用していましたが、人が多い時は出かけないため、あまり高速道路の渋滞とご縁がなかった私。

しかし通勤で高速道路を利用する回数が増えると、急にこの渋滞に悩まされるようになりました。

渋滞が起きる時は、いくつかポイントがあります。

通勤で気を付けたい渋滞ポイント
  • 連休の前夜
  • 連休当日の朝
  • 交通事故
  • イベントがある
  • 雪の翌日
  • 台風の翌日
  • 大雨時

渋滞の要因は、「人の増加」「自然災害」の2つに分けることができます。

私が一番油断してしまうのは、連休関係です

FEEL
FEEL
『世の中は今日から連休だなー』

と心の中では思っていても、自分が仕事だとついつい忘れてしまう、みんなの休み。

そんな日に、いつも通りに朝通勤してみると、京都市内の結構手前から渋滞が始まります。
高速道路を降りても、市内ももちろん渋滞。
観光地のサガですよね。

イベントがある時も要注意です

名古屋に用事があって、1カ月前に名古屋市内でホテルをとろうとした時のこと。
ネットで検索すると、1泊数十万円のスイートルームしか表示されないんですよ。

FEEL
FEEL
一体なぜ!?

と思っていたところ、その日当日は安室奈美恵さんのコンサートがある日だったようで、高速道路は常に渋滞、ホテルもいっぱいでした。
思いがけないできごとでした。

災害時は早めの決断を

また台風や大雨、雪の予報が出ている時は、とにかく無理をしないことです。
頑張って現地へ向かっても、たどり着けないのは自分だけではないこともたくさん。

でも、「災害だって仕事に行くんだ!」とピンチになるほど燃える人や、緊急事態に到着しておくことほど美学に感じている人もいますよね。

だけど時代は変わり、災害への理解も深まってきたため、災害でたどり着けないことへの理解も広まってきています。

自分の身を守ることができるのは、自分だけです。
職場に電話で確認するなど、「行かない」決断を早めに付けることができたらいいですよね。

渋滞に巻き込まれないためのあれこれ

本当は行きたくないけれど、渋滞覚悟で職場に行かなければならない時はあります。
最近の私は、そんな時にちょっと事前に準備しておくことで、渋滞を避けることができるようになってきました。

渋滞情報の把握は『日本道路交通情報センター:JARTIC』がオススメ

日本道路交通情報センター:JARTIC』はWEBブラウザから見ることができるサイトです。
このサイトのオススメポイントは、リアルタイムの高速道路情報が見れること

渋滞状況を見たい地域を選択することで、高速道路情報が表示されます。
写真は、朝9時ごろの近畿地方です。

大阪市内が赤くなっていますが、渋滞しているところです。

通勤前に、高速道路情報をこのサイトでチェックしています。
以前はTwitterで渋滞情報を得ていましたが、具体的にどの場所で渋滞が起きているか、視覚的に理解したくて、このサイトを使うようになりました。

渋滞の時は『Google Map』で回避策を検討

渋滞の時の回避経路の検討は、『Google Map』がとっても役立ちます。
現在地から目的地まで、渋滞状況を加味しながら、最短時間でたどり着ける経路を紹介してくれるので、遅刻しそうで困った時はぜひ検索を。

信頼が高いので、活用しています。

経路中にあるサービスエリアSAをまとめて知りたい時は『ドラぷら』

自分が走る経路の中に、どんな主要なサービスエリアSAがあるのか、知りたい時ってありますよね。
そんな時は、『ドラぷら』というサイトを使っています。

『日本道路交通情報センター:JARTIC』と同じく、WEBブラウザから見るサイトです。
見たい地域を指定することで、その辺り全体のインターチェンジIC、サービスエリアSA、パーキングエリアPAを見ることができるんです。

距離感がわかるので、休憩するSAも決めやすくなるのでオススメです。

天気はアプリで確認

天気アプリは、どれも効果は同じ。
リアルタイムで雨雲の状態が見れるので、ゲリラ豪雨の時などの休憩時間の目安に使えます。

でも私はお天気アプリの、表示の『色彩』にちょっとこだわりがあります。
例えば、Yahoo!のお天気アプリの色。ちょっと渋すぎだと思うんです。

【Yahoo!のお天気アプリ】

私はもっと静かな色合いのアプリが欲しくて、一番お気に入りなのはこの2つ。

Rain Cast

‎・本アプリは広告が表示されます・広告表示が不要という場合は、有料版の「Rain Cast+」を購入頂くようお願いいたします・Googleマップ上に高解像度降水ナウキャストを表示・Googleマップのジェスチャーにより画面拡大縮小が容易・ツールバーの進む・戻るボタンで5…

色合いが薄くて、素敵なんです。
でも、少し色が薄すぎるのも玉に瑕。

tenki.jp

‎完全無料の日本気象協会公式の天気予報専門アプリです。10日間天気や1時間ごとの天気、今いる場所の雨の様子(豪雨レーダー)など、きめ細かな天気予報をチェックできます。また、気象予報士による天気解説(日直予報士)や、最新の地震、台風情報など、天気と生活…

こちらのアプリは、『Rain Cast』の色が薄すぎてわからないときに、たまに利用しています。
日本気象協会が提供しているアプリです。

まとめ

高速道路情報は毎日チェックしているものではないので、アプリは使っていません。
WEBブラウザから見るサイトだと、情報が欲しい時に手軽に見ることができるのでオススメですよ!








▼ランキングに参加しています。

にほんブログ村