日常の一場面

会社から一度提出した履歴書の直しを依頼されました。これって、採用に影響あるの?

初めに言っておきます。

私ではありません。
Peeさんです、もー驚きました

Pee
Pee
えへ

内内の採用通知電話をいただいた後で、急に履歴書の不備が発覚
先方の担当者の方々も、かなり慌てて連絡してこられました。

履歴書で学歴が重要なのはもちろんですが、年号もとっても重要です。
これから履歴書を作成する人は、参考にしてください。

間違いの内容

今回コチラが間違えて書いていたのは、履歴書の年号を含め3カ所です

【間違い1】
2012年高校入学
2012年大学入学

同じ年に、高校と大学にはいれるわけがなーい!

【間違い2】
卒業:〇●大学 大学

「大学」という文字を2回書いてしまったー!

【不備3】
卒論の題名は書かれているけれども、肝心の『種別』が書かれていない

本人、枠が狭くて、この部分に文字を書かなければいけないと気づかなかったらしい。

この3つの履歴書の間違いに気づかれる2週間前、本人は、実際に10人ほどの面接官の前で面接を受けてきていました。
その時に履歴書の内容についても質問があったようですが、面接官の方々は、誰も不備に気づかなかったようです。

急ぐことだけれども、まずは丁寧に修正を

この失態が発覚したとき、相手先は大変慌てており、複数の人からメールが来ました。

しかし、コチラはお仕事中。
メールを見てはいるけれど、返すことができません。

Pee
Pee
ぐすん

そこで仕事が終わったらまず一番に、電話で「ごめんなさい!」と謝ることにしました。
電話で直接話をすることで、こちらがわざと間違えていたわけではないことを理解してもらいたかったのです。

※修正は、明日まででイイよ!

修正期限を確認し、帰宅して落ち着いた状態で修正をしました。
2人で繰り返し見て、再度、間違いがないことを確認して、その日の19時ごろに返信。

先方がまだ職場におられたら、早めにチェックしてもらえるかもしれません。

ちなみに、面接時はフレンドリーに行われ好印象だった様子

面接内容は、1時間を超える実演と面談で、特に面談には10人以上が参加しており、かなり注目されたみたいです。

他にも面接を受けた人がいたかもしれませんが、この日は、他の参加者には会わず。
何人受けたのか、倍率は不明です。

実演については、『申し分ない』と言われる高評価だったようです。
本人の機嫌も良くて、ホクホクしながら帰ってきたのでした。

面接官が履歴書で気になるのはどこ?

面接官が履歴書絡みで特に質問をしてきたのは、学歴である出身大学についてでした。
そして、大学を卒業した後に何をしてきたのか。

面接官としては、年号や既に終わったことは、あまり気になっていなかった様子。
中途採用だからこそ、
『この人は、何ができるのか』
そこを見られたようでした。

履歴書直しの結果、無事に採用になりました

それから、内定の会議と通知の連絡がもらえるまでの1週間は、生きた心地がしませんでしたが、無事、内定をもらうことができました。
履歴書の内容が大違いでも、やはり面接の結果を大きく評価してもらったみたいですね。

世の中にある大概の仕事が人間相手ですから、人柄というものは、大きな判断材料になるんだろうなと改めて考えさせられた機会でした。

まとめ

履歴書の内容を間違えて書いていても、一応は採用になりました。

FEEL
FEEL
ホント、気をつけてください

でも、『間違いがない』に越したことはありません。
こんな部分で、自分の評価を下げたくはないですよね。

履歴書の提出前には、書いた内容の見直し、必須です!








▼ランキングに参加しています。

にほんブログ村