日常の一場面

電話で緊張するポイントはどこ?私の緊張ポイントは人と違うらしい。

Pee
Pee
○○に電話して!

Peeさんに電話を頼まれました。
その時の私たち2人の会話が面白かったので、ご紹介。

電話が苦手な人

Peeさんは、電話が苦手なのです
顔の見えない相手と話をしなければならない、そのことにとてもストレスを感じるらしい。

『今日電話をしなければならない』
そう決まると、前夜から、

Pee
Pee
明日は電話するぞー。明日は電話するぞー。

と、けっこう意気込んでいます。
相当ストレスなんでしょうね。

そんな時は、ワザと話をそらしてあげたりします。

FEEL
FEEL
ほらほら、こっち向いて~

電話より、対面が苦手な人

私は電話で話をするよりも、顔を合わせて話をする方がストレスです。

人に会って話をしていると、相手の表情を読み取って、コチラが言う言葉を選んでしまうのですよね。
私自身が、相手に気を使ってしまうのです。

反して電話だと、私は自分が言いたいことが言えます。
要点だけをササッと伝えて、ササッと去る。

私は電話の方が話しやすいです。

だけど、こんな私でも電話は緊張する。

電話の方が話しやすい私ですが、電話する前は一応緊張します。

FEEL
FEEL
緊張するー。ドキドキ縄文土器・・・
Pee
Pee
FEELでも緊張するんだねー

そう、私でも緊張するんです。

FEEL
FEEL
だって職場を抜けて、電話するために個室に行かなきゃいけないでしょ?
個室までは、ちょっと距離があってね。しかも、トイレだったらハンカチを持って行くけど、ノートを持って行くんだよ~。
「一体、どこ行くんだろ?」ってみんなに思われないかと思って、緊張する。
Pee
Pee
え!?電話かける前に緊張しているの!?

そうです。
電話をかけることは全然かまいません。
でも、対面が苦手な私にとっては、職場の人の目がある環境の方がストレスなんですよねー

別に『仕事中に個人的な電話をしてはいけない』なんて決まりはないので、仕事中に電話しても全然大丈夫なんです。
電話先だって、公共施設に電話しているので、さぼったり、悪だくみをしているわけでもないのですから。

まとめ

電話って、やっぱり緊張しますね。
でも相手も緊張していると思うので、環境は同じ。

そして電話すると、相手が「わかる」か「わからない」か、対応「できる」か「できない」か、その判断がつくので、曖昧であっても情報をくれることは、とてもありがたいことです。

こういう経験があるからこそ、電話で受ける相談には、できるだけ明確に答えたいなといつも思います。








▼ランキングに参加しています。

にほんブログ村