読書・漫画

『きのう何食べた?』がドラマ化する話を聞いて。

私は、基本的に食事が出てくる漫画が好きです。

先日、SNSで沸いていた『きのう何食べた?』というこの漫画。

この話も、食事が出てくるから好きです。

ゲイカップルの日常を描いた漫画ですが、タチの方の人(名前を忘れた)が作った料理を食べながら、カップル2人でその日の出来事を振り返るんです。
その場面が、とっても好きです。

内容が現実的で、読んでいて不快じゃない。
私の日常も、こんな感じだなーなんて思っていつも読んでいる。

決して激しくない。
落ち着いている。

「LGBTの人たちの生活は破綻してる」、そう思っている日本人は少なくない。

だけど、LGBTの生活だって、普通の人の生活だって、こんな感じだよね。
LGBTだから特別、なわけではない。

だから、この漫画がドラマ化されることで、少しでもLGBTに対して温かいイメージが広がるといいな。

 

この漫画の他にも料理が出てくる漫画はたくさんあって、この話も面白いです。

『舞妓さんちのまかないさん』

舞妓さんになろうと出てきた女の子が、舞妓さんの食事を作るお話。
昭和の朝の台所的な雰囲気が好きです。

平成じゃないんです、『昭和』
なんだか穏やかな雰囲気が、安心させてくれます。

あと、
『深夜食堂』

深夜食堂は外せないよね。

深夜まで開いてる食堂に来る人たちの人生模様のお話し。
人生模様も感動があって面白いんだけど、料理の内容も即席で面白い。

こういう食堂、いつかやってみたいな〜って思うんだよね。

そうだ、『極道主夫』も面白かった。

伝説の極道が、主夫で料理中心に生活を展開させる漫画。
これは面白かったです。

新しいテンポ。

料理漫画のスピード感じゃないんだよね。

ダーっと作って、ホッとして。

きっと、散歩好きで好奇心が強い作者なんだろうなって、勝手に想像してます。

 

また、マンガ読みに行こっと。








▼ランキングに参加しています。

にほんブログ村