イラスト

手取り35万円で貯金ができない彼の話に驚く私の恋人に言いたいこと。

Peeさんの職場に、若い男の子がいます。


よく物語であると思いますが、女性探偵に引っ付いているちょっと冴えないイケメン助手

私の中での2人のイメージは、そんな感じです。

その彼に、急にダウンについて話しかけられたそうです。
ダウンって、服のダウンです。

「そのダウンって●●●のダウンですよね。」

Peeさんのダウンは高級ダウンです。

Pee
Pee
そうですよ。でもこれ、私が買ったんじゃないですからね。

「え!?」

Pee
Pee
パートナーにもらったんです。私は貧乏人なので、こんなダウン買えるわけないじゃないですか。

そうなんです。
私が買ったんです。えへん。

オフィシャルな場に行くときに着たらイイと買ってあげたのですが、すっかり常用にしてしまって、結構ボロボロなんですけどね。

Pee
Pee
私はお金があればあるだけ使ってしまうので、パートナーに強制的に毎月貯金をさせられているんです。全収入の額を把握されていて、レシートも渡してますので、何に使ったかも知られてます

ん~ま、そうなんです。
彼女は、派手なお金の使い方はしないんですけれど、小さな出費を重ねるタイプ。

プリンアラモードを買っていることも、ATMで毎回1万円ずつ引き出すことも知っています。

「そうなんですか!?」

彼はPeeさんが、そこまで細かくお金のことを恋人に託していたとは想像がつかなかったらしく、かなり驚いていたそうです。
そして、

「実は僕、貯金がほぼゼロなんです。」

Pee
Pee
え!?

彼はPeeさんの内情を聞いて、思わず彼も、自分の家計の悩みを話してくれたそうです。

相手の思いがけない一面を知ると、思わず自分の話をしたくなる時ってありますよね。

 

彼は最近結婚し、家を買いました。

しかし貯金が無さ過ぎて、家電をボーナス払い予定にしていたそうですが、
クレジットカードでの購入の引き落としなどが積もり、ボーナスでは足りないかもしれないそうなのです

彼は既に挙式や、家の購入で親から400万円ほどお借りしているそう。


でも私、
『この彼、男だなー』
と思ったことがあって、それは、
奥さんの借金全額返済してあげたという話。

「僕の奥さんの両親は、すでに2人とも亡くなっています。」

その時の医療費が借金があったそうで、それも弁護士に入ってもらって支払ってあげたらしい。

すごいでしょ?
男ですよねー。

Peeさんも彼のことを、

気が弱いけど頭はいいし、コツコツ頑張っていると言ってました。

私は感心しましたよ

私もPeeさんが借金を持っていたら、同じようにしたでしょうけれど、若いのに
(私といくつしか年が変わらないけど)
そこまでしてあげれるなんて、ホント優しい男性だなと思いました。

そして、

「僕と嫁2人の手取りを合わせて35万円なんですが、光熱費や毎月の支払いで出ていくのが20万円くらいなんです。だから15万円くらい自由なお金が残るはずですが、でもなぜか全て無くなっちゃうんです~涙」

と、彼が言うんだよ?15万円もあるのに全部使っちゃうなんて、すごくない?

Peeさんが私に向かって言います。

FEEL
FEEL
いや、待て待て。Peeさんも同じだからね?
Pee
Pee
え?

 

私が思うに、お金をあればあるだけ使ってしまう人は、『やりたいこと』がはっきりしている。

いつの間にかお金を使ちゃうんだ~

という人だって、お金の内訳を一度考えて欲しい。

きっと『遊び』とか『娯楽』とか『ファッション』、『仕事』、『出会い関係』、『楽をするため』などなど、使った内訳を何かしらコンテンツで分けることができるはず。
それが、その人が『やりたいこと』

その『やりたいこと』を達成するために、その人はお金を使っちゃうんですよね。
例えば、プロジェクターを買うとするじゃないですか?

私ならばとりあえず映ればいいので、それ相場の金額のプロジェクターで十分なんです。
でもPeeさんだと、

Pee
Pee
ただ映るだけじゃダメだ!

高画質、ファンの音小さめ、見栄え、システムなどなど、こだわりがたくさん。
その結果、購入するプロジェクターは結構高額商品になります。
そして、1回しか使わないんです。

Pee
Pee
この映画を観るためだけに、このプロジェクター買ったの♪

もーホント困っちゃいます。

彼女は、『自分の理想を実現するために』お金を使います。

FEEL
FEEL
理想が高すぎて困ってるんです。

 

あと、いわゆる消耗品は大量に買ってストックし、仕舞い込み、最終的にもう使わない状態になって発掘します。

例えば養生テープ。
ホームセンターにボンドを買いに行った際に、偶然見つけた養生テープ


色によって使うシチュエーションが違うらしく、全色買ってきました
でもこの時は使わないので、とりあえず倉庫に仕舞い

いざ使おうとしたら、その養生テープたちがある場所がわからなくて、

Pee
Pee
探す時間がもったいない

再度購入

いやいや、早めに買いすぎなんですよ。
そしてちゃんと探しましょう。

よくよく目をかけておかないと、ホント、なんでも買っちゃうんです。

 

そして、使った後の消耗品は、すぐ捨てます

人が見るものだから、安易に使い古しだと思われたくないらしいのです。
だから、物によってはいつも新品

そして何より、物を持ちたくないんですよね。
なぜなら、仕舞い込んだ場所を忘れてしまうから

で、忘れてしまうけど、やっぱり無いと不安なので早めに買っちゃうんです。
そしてやっぱり忘れる

もう負の連鎖です。

 

で、こういう人が実際どうやってお金の使い方を改めるかというと、実際問題自分では解決できないと思います。


無理じゃないですか?
『欲望』のままに動くので、LGBTが性的思考を同性から異性に変えなさい、と言われることと同じではないかと思うんですね。

だから私は、Peeさんのお金を全て監視しています。
すると本人も見られている意識があるので、あまり変なものは買わなくなるのです。

話がだいぶ逸れましたが、

FEEL
FEEL
助手くん夫婦も、助手くんか、奥さんのどちらかがしっかりお金の監視をうべきだと思うよ。
Pee
Pee
あ、彼の奥さんはね、お金あればあるだけ使うんだって

そ、それは大変。

彼も優しいので、強く言えないんでしょうね。

FEEL
FEEL
彼は言わないかもしれませんが、私は言いますからね。
Pee
Pee
はい。従います。
FEEL
FEEL
いいですか?アナタが貯金できているのは私のおかげですからね?
Pee
Pee
はい、おっしゃる通りです。よろしくお願いいたします。

パートナーがお金遣い荒い皆さん、お互い頑張りましょうね☆





▼ランキングに参加しています。




にほんブログ村