部屋探し

【初めての部屋探し】個人経営の地域不動産会社を選んだ5つの理由。不動産会社は選ぼう

FEELです。
今回初めての部屋探しで、まず悩んだのが不動産会社のこと。

個人経営の不動産会社を選ぶか、大手企業の不動産会社を選ぶか悩みましたが、今回は個人経営の不動産会社を選ぶことにしました

  • 個人経営の不動産会社を選ぶか、大手企業の不動産会社を選ぶか悩んでいる
  • 部屋探しは、地域探しからしたい

そんな方は参考にしてください。

理由1:住む地域を重視したかった

今回私たちが1番こだわりたかったのは、住む地域です。
部屋を探しているPeeさんは、商店街が近くにあり人が多く行きかう土地や、住宅が密集して人の目が気になる場所には住みたくなかったのです。

Pee
Pee
だって、そんなとこで育ってないもん。あと虫が多いとこもムリ。

そこで、地域を知っている不動産はどこか、というところから考え始めました。

地域を知っている=その地域に住んでいる、もしくは長く携わっている

そう考えた時に、不動産会社のスタッフの経験年数に注目しました。
不動産会社の多くのホームページでは、経験年数が表示されています。

大手企業の不動産のホームページを見ると、経験年数は1年や2年の人が比較的多め。

反面、個人経営の不動産会社のホームページを見ると、経験年数は10年以上の方が多い。

となると、個人経営の不動産会社の方が地域をよく知っているかもしれません。
そこで電話でさっそく問い合わせをしてました。

  • 生まれと育ちはこんな地域
  • 職業はこんなことしてます
  • 職場はここです
  • 車で通います
  • でも時々電車も使いたいです

すると、

不動産会社
不動産会社
○○、△△、□□という地域はどうでしょうか?

と3つほど地域を挙げてくれました。
それまで私たちもいくつか候補の地域を考えていましたが、不動産会社があげてくれたのは、全く考えてもいなかった地域

Google mapのストリートビューで見てみると、とある1つの地域が、今のPeeさんが住んでいる地域とすごく似た雰囲気でした

Pee
Pee
ココがいいかも!

やはり、経験年数が多いスタッフがいると、地域のことを良く知っていると感じました。

理由2:できるだけ多くの物件を見たかった

最近はネットの情報量が豊富なので、『SUUMO』『Yahoo!不動産』などで、手軽に大手企業の物件を調べることができます。

FEEL
FEEL
もちろん、大手企業でもネット掲載していない物件は多々あります

でも大手企業はホームページを持っていますが、ホームページを持っていない個人経営の不動産会社の物件を見るにはどうしたらいいんだろう?
そう思い調べていると、個人経営の不動産会社の多くは、『レインズ』という国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているコンピュータ・ネットワーク・システムを使っていることがわかりました。

▼詳しくはコチラの記事で
https://feellife.info/2019/03/16/heyanosagashikata/

大手企業の不動産会社では、自社取り扱い物件を優先的に進めてくることは想像できます。
この『レインズ』ネットに出ていない、他の物件を見てみたいと思いました。

理由3:個人経営の不動産会社が好みの物件を取り扱っていた

『SUUMO』で物件を探しいた時のことです。

FEEL
FEEL
お!この部屋いいな!

と思った部屋がありました。
室内の画像がとてもきれいです。
その画像には、〇〇不動産そう書かれていました。

この時は気にしなかったのですが、次に目に留まった物件の画像を見ていると、また画像に○○不動産と書いてあります。

Pee
Pee
これは、〇〇不動産の物件は、私達の好みに合うかもしれない

そう思い、〇〇不動産の名前を検索し、ホームページを見つけました。


他の物件を見てみると、確かに好みの物件を多く取り扱っています。

そこで、

FEEL
FEEL
この個人経営の不動産会社に相談しよう!

という結論になりました。



理由4:企業の不動産会社は押し売りされることを懸念した

最近ニュースでアパマンショップやレオパレスなど、賃貸物件に関する様々なニュースが流れています。
こういう情報は、内部にいる人達にとってはタブーで、私達初対面の人に対し、あまり情報提供はしてくれないのではないか、そう思いました。

そこで少しでも業界を客観的に見ているであろう、個人経営の不動産会社を選びました。
個人経営の不動産会社は、個人の名前と顔を出しています

企業の名前に隠れず、自分で責任を持って不動産会社を運営している証拠です。

私達がお世話になった不動産会社は、特に管理会社を重要視されていました。
▼詳しくはコチラの記事で
https://feellife.info/2019/03/16/heyasagasi_tyuiten/

こんな裏話もしてくださったりと、

内情を知ることができて良かったです。

理由5:敷金・礼金は気にしていなかった

大手企業の不動産会社の一番のメリットは、その自社関連物件を選ぶことで、敷金・礼金が無料になることですよね。
この敷金・礼金は、不動産会社にお世話になった時に、1回支払うお金です。

多くが賃料の1か月分

1か月の賃料が80,000円の物件の場合、敷金:80,000円礼金:80,000円、合わせて160,000を請求されます。

私達は、正直この点を全く気にしていませんでした。

Pee
Pee
とにかく、私が納得する地域と、納得する物件に住みたい

という本人の思いを尊重した形です。

ただこのあとの契約書を結ぶ際の見積もりに、この敷金・礼金が入ってくることを考えていなかったので、652,535という契約金の概算を見て大変驚きました

まとめ

今回私たちは個人経営の不動産会社を選択して、自分たちが納得いく地域に、素敵な物件を見つけられました。
ただ、お金はかかっていると思います。

もし

  • 節約したい
  • 今手元にまとまったお金がない

そんな時は敷金・礼金や仲介手数料をいくらとるか、各不動産会社に手数料を聞きながら、不動産会社を選ぶことをオススメします。

自分の好みを尊重してくれる不動産会社が見つかるといいですね。





▼ランキングに参加しています。




にほんブログ村