部屋探し

【注意】部屋を借りる時には、初期費用でまとまったお金が必要です。

FEELです。
今回Peeさんが住む部屋を、不動産会社を通して探し、契約しました。

私達も自分たちで部屋を借りるのが初めてだったので、【ご契約時必要金額】という契約前の概算を見てびっくり。

652,535も必要とは。

この額を、

不動産会社
不動産会社
今から申込書類を書いていただき、審査が無事通過すれば、10日後ごろに支払っていただくようになります

と言われました。

FEEL
FEEL
10日後って、結構、急ですね

私たちは、このような大きな額が必要になるなんて全く想定していなかったので、とても驚きました。

  • これから部屋を借りようとしている人
  • 来年引っ越したい

そう考えている方々の参考になればと思います。

なぜ、そんな大金が必要なの?

概算を見て、一番に気になったのは内訳です。

まず概算で出してもらったのが、賃料が1か月109,000円の部屋でした。
内訳としては、

【不動産会社へ支払うモノ】
仲介手数料:117,720円(賃料1か月分+税)

【管理会社へ支払うモノ】
敷金・礼金:1か月分ずつ
鍵の交換費用:前に住んでいた人がいるので、交換しておかないと不安ですよね
火災保険料:年25,000円。大概の物件にはこれに入らねばなりません
保証会社契約料:年60,000円。家族を保証人にするのではなく、最近はお金を払って決まった保証会社に保証を頼むのが主流だそうです。
いざとなったときに、家族もお金が無かったりと、保証を負えないことが増えているそう。
24時間サポート:2年20,000円。鍵や水回り関係など、部屋の困りごとがあったときに、24時間対応で対処してくれるサービス。
駐車場契約:駐車場を借りるには別のお金がかかります。
3月分の賃料、管理費、駐車場代:日割りで計算
4月分の賃料、管理費、駐車場代:先払い

私達の意識的に抜けていたのは、

  • 仲介手数料の額の大きさ
  • 保証会社契約料の額の大きさ
  • 4月分の賃料、管理費、駐車場代の先払い

です。

この合計で、300,000

もともと私もネットの情報から

FEEL
FEEL
引っ越しにかかるお金は35万くらいだろうな

と予想していたのですが、引っ越し前に既に30万円以上出て行ってしまうとは。。
しかし、契約時に必要な652,535という額は、予想外にとても大きな金額でした。

契約時にまとまった額を支払うために

ネットを見ていると、

  • 借金して払った
  • 親に出してもらった

など、多くの人が契約時の金額の対応に困っていた様子

引っ越しにはこのような大きな金額が必要となることから、引っ越しを考えている人は早めに貯金をしておくことをオススメします

Pee
Pee
古典的な方法だけど、貯金しかないよね

少しでも金額を安くするために

内訳を見て安くできる部分と言えば、仲介手数料と、敷金・礼金の部分でしょう。

今回私たちは、今回私たちは個人経営の不動産会社を選択しました。

【初めての部屋探し】個人経営の地域不動産会社を選んだ5つの理由。不動産会社は選ぼうFEELです。 今回初めての部屋探しで、まず悩んだのが不動産会社のこと。 個人経営の不動産会社を選ぶか、大手企業の不動産会社を選ぶか悩...

ですが、大手企業の不動産会社を選ぶと、
敷金・礼金ゼロ円
「敷金礼金0(ゼロ・なし)の物件」を賃貸で探す【HOME’S

仲介手数料ゼロ円
【エイブル】仲介手数料無料の賃貸・部屋探し|仲介手数料なし

など情報は様々。
不動産会社をうまく選択して、物件を選ぶのが一番いいと思います。

賃料を安く抑えるために

不動産会社に事前に言われていた話なのですが、

不動産会社
不動産会社
物件によっては、契約完了日から賃料が発生するものがあります。つまり、3月の下旬に入りたくても、契約が2月3日に完了すれば、賃料が2月4日ごろから発生する場合があります

このような場合もあるので、早く物件を選んで決めるのも善し悪しですよね

まとめ

部屋を借りるときは、想像以上にお金がかかることを今回身をもって経験しました。
支払い期限が設定されているので、分割払いは受け付けてくれそうにはありません

FEEL
FEEL
賃貸契約の他に、家電引っ越しにも別途お金がかかりますし、この新年度は思いやられます。。。




▼ランキングに参加しています。




にほんブログ村