ビアンのブログ

9年に一度訪れる運命がある。

今回、職場の人とうまくいかなくなって、思い出したことがある。

私は9年に1度、人間関係が崩れる時がある。
特に今年は大殺界でもないし、空亡でもないし、運勢的には普通の年。

でも9年に1回、こういうことがある。

前回は、職場の同僚に私がビアンのだとバレて、気持ち悪いから一緒に仕事をしたくないと、その人のお母さん経由で職場に連絡が入ったとき。
その前は、学生時代の部活でいじめっぽい感じになった。

そして、その前は体調を崩して1年間入院。

9年に1度、私はこの運命に翻弄される、あまり良くない期間がある。

あー長く続かないといいな。
あー大変じゃなきゃいいな。
いま、心の中でそんなことを思っています。

抜け出せたらいいな、きっとこの辛い期間も、長い人生の中では、ほんの一瞬なんだろう。

 

 

私は、人間関係の構築が下手です。
友達はほとんどいませんし、仲のいい同僚もいません。

少しの後輩に好かれている程度です。

今回も、職場のおばちゃんたちを私が一方的に距離を置いたため、関係が悪化し、悪口を言われ、自分が辛い思いをすることになりました。
もっと上手くやれば、こんなことはなかったのに。

私って、人間関係の構築が、本当に下手なんですよね。

ブログをしていても、多くの人がいままでコメントをくれたり、Twitterで話をしてくれました。
が、なんだか続いていませんよね。

私は、自然の気配を読むのは得意です。
空を見れば天気がわかるし、空気で季節の訪れもわかるし。

でも人間の心の波は、よくわかりません。
Peeさんには、合気道がいいと言われました。

合気道、気功。
何かした方がいいね。

 

 

で、なぜ私はコミュニケーションが下手なのか考えた時に、ふと最近行きついた持論があります。
それは、
「私は、大人ダウン症ではないか」
ということ。

ダウン症とは、染色体異常で、ちょっと容姿が独特で、寿命も限られて生まれるひとのこと。
って、なんか表現おかしいかもしれないけれど。

ダウン症とは21番目の染色体が1本多くあるために発症する疾患です。600~700人に1人の割合で出生すると言われています。このページでは、ダウン症の症状・特徴や行動傾向、接し方について詳しくご紹介します。

ここのサイトにリストがあって、

ダウン症候群によく見られる行動リスト

意思を上手に伝えることができない
思っていることを言葉で上手く表現できない。発音が不明瞭で聞き取ることができない。

理解が遅い
集団への一斉の指示では理解することができない。

自己中心的な情緒傾向
頑固で自己中心的。集中力や持続量が無く、すぐに飽きてしまう。

運動能力が低い
疲れやすい。筋力も弱く、体力そのものがあまり無い。

上手く交友関係を築けない
友だちよりも大人(教師など)との関わりを強く求め、交友関係を広げることが苦手。

何でも口に入れてしまう
紙やスポンジなど、何でもすぐに口に入れてしまい食べてしまう。

私、結構当てはまるんですよね。

・意思を上手に伝えることができない
→ブログでも、「言いたいことが書けない」ってよく書いてますよね、私。そう、思ったことを、うまく言葉にすることができないんです。

・理解が遅い
→紙にかいてあっても、1回言われただけでは理解できなくて。

・自己中心的な情緒傾向
→急に手伝わなくなるなんて、自己中でしょ?しかも、すぐに飽きる。飽きやすいんです。

・上手く交友関係を築けない
→これは、本当に苦手。友達作りなんて、できない。なぜなら、私の「友達」の感覚と、世の中の「友達」の感覚が違うから。
例えば、私は、世界中の人はみんな友達だと思っている。
だから特に仲良くする必要はないし、定期的にかかわ必要もない。

でも世の中の友達って、ちょっと仲良くなる特別な位置にあるよね。

だから、なんかしんどいのです。
こう考えると、私、自分がダウン症ではないかと思っています。

見た目は普通ですが、生まれは、母の不妊治療の結果でできた子です。
高齢出産、不妊治療、このキーワードでくると、次に思いつくのはダウン症。

みなさん、検査されますよね。

きっと検査にはひっかからなかったかもしれませんが、私にはこの気配がありそうです。
この長い人生の中で、これだけ人間関係でうまくいっていないなんて、人として、何かがおかしいとしか思えません。

周りの人は、みんな平穏に過ごしているのに。
私がいるところだけ、こんな感じだなんて、おかしい。
きっと原因は私にある。





▼ランキングに参加しています。




にほんブログ村