部屋探し

LGBTの部屋探しはカミングアウトが必要?不動産会社と物件の話。

FEELです。
今回Peeさんが転職で住む家を借りるため、一緒に関東へ行ってきました。

※FEELの東京の家だね

なんて言われると、一緒に探す私のやる気も高まります。

私とPeeさんはLGBTのLです。
つまりビアンですが、その部分をオープンにして部屋を探そうとはしていません。

だって、PeeさんはLGBTであることをカミングアウトしている人ではないですし、
私たちは無理にカミングアウトせず生きていきたいと思っている、隠れビアンカップル。

そして、とりあえず今回の目的は、『Peeさんが1人で住む部屋を見つけること』です。
でもおそらくですが、担当の不動産会社のスタッフさんは、私たちの関係に気づいていた気がします。

なぜそう思ったかというと、スタッフさんの視線の変化です。

そこで、不動産会社の方にいくつかLGBT向けに質問したことを含め、LGBTが部屋を探すときに必要な情報を、まとめてみます。

LGBTが部屋を探すことってできるの?
LGBTが部屋を探すことに不安がある
そのときカミングアウトは必要なの?

そんなことが気になっている方々の参考になればと思います。

部屋を借りるからといって、LGBTをオープンにする必要はない

LGBTのサイトを見ていると、
LGBTのことをオープンにすること
市のパートナーシップ条例のことを話すこと

とLGBTであることをオープンにして、部屋を探すことを推奨していますが、私は今回話を聞いて、そこまでオープンにする必要は無いのではないかと感じています。

ただ、オープンにする、オープンにしないことで、選べる物件が変わってくることがあるようです。
物件との兼ね合いを考えて、その時に、カミングアウトを考えた方がイイと思います。

複数の人と住むことができる物件の種類

LGBTに限らず、友人、家族など、一人以外、複数の人と住むことができる物件には2種類ほどあります。

2人用物件

まず、2人用と言われる物件があります。
これは基本的に、夫婦や成人した家族で入る物件です。

なでの、小さな子供と2人で入る場合、また友人同士でルームシェアをしようと考える人は、入ることができません。

もしLGBTがこの2人用物件に入りたいのであれば、自分たちがLGBTでパートナーであることをオープンにして、管理会社に認めてもらう必要があるそうです。
そのためには口頭でカミングアウトするのではなく、『パートナーシップの証明書』のコピーの提出、任意後見人・成年後見人の証書のコピーなど、書面でのカミングアウトを求められるそうです。

でも実際は管理会社によって対応が違うらしい

実は、今回Peeさんが借りた物件は、2人用可能の物件でした。

※1人で住むけど、やや広いよね。
※だってFEELもたびたび来るだろうし、あと部屋は広い方が好き

すると物件の契約申込書の下の方に、【同居の家族】を書く位置があるのですが、

※お名前、書かれますか?

と不動産会社のスタッフさんが、私に声をかけてくれました。

※いえいえ、私は住まないので

初めにこのスタッフさんに窓口で会ったときに、
※初めまして。私は彼女の友人で、今回は付き添いです。
と伝えているのですが、私たちの様子を徐々に察して、言葉をかけてくださったのでしょう。

※単に、初めに会話を忘れてただけじゃないの?
最初は度々質問をする私のことに驚いていましたが、2時間ほどするとスタッフさんも徐々に慣れてくれた感と、なんとなく察してくれた感が視線から見えはじめていました。

※2人用物件でも、私のような友人でも住めるのでしょうか?

【同居の家族】に書くように勧めてくださった成り行きで聞いてみると、
※契約者さんの職業と年収、また、同居の方の職業と年収がある程度あれば、問題ない管理会社が多いです。

なるほど。

つまり、契約者が家賃10万円の賃貸を探すことができる収入と、ある程度名の知れた固い組織に所属していれば、友人であっても、2人用の物件にLGBTをオープンせずに住むことができるようです。

ルームシェア可能物件

次が、友人同士でも入ることが出きる、ルームシェアが可能な物件。
この物件であれば、LGBTをオープンにすることなく、物件を借りることができます。

借りる時は、年収が高い方の人が契約者となって家を借りることになります。

※ということは、家賃を支払う力があれば認めてもらえるってことですね

※東京は、随分LGBTにフレンドリーな町になっているように見えるね

まとめ

ということで、無理にLGBTをカミングアウトしなくても賃貸物件は借りることができるようです。

ただ多くは管理会社の判断に任せられているようで、管理会社もLGBTだと特別聞けば、見た目や職業、保証人のことなど、結構調べる会社もあるみたいでした。

あと、住む物件のレベルや地域によっては、
「2人用の物件なのにルームシェアしている」
なんて噂になることも想定されますので、その辺りの覚悟は必要かもしれません。

※周りに住む人のことを考えると、カミングアウトをしておかなければ失礼にあたる

そう考えるLGBTの人も多いそうですが、「カミングアウトして、相手に何を受け入れられたいのか」よくよく考えてすることをオススメします。





▼ランキングに参加しています。




にほんブログ村