楽しいご依頼承ります♪SNSよりご連絡くださいませ。

【確定申告】個人事業主のポイント利用の消耗品!簡単すぎる経費帳簿のつけ方とは?

個人事業主してます、FEELです。

確定申告用に帳簿を付けていると、

悩ウサ

  • ポイントで消耗品を買ってしまった
  • ポイント利用分の領収書も経費に回せるのだろうか?

と思うときありますよね。

そんな疑問を改善できる記事を用意したので、良かったら参考にしてください。

目次

ポイント利用って具体的にどんな時?

ポイント利用といっても様々な場合があるので、1つ例を出します。

Amazonで、10,000円の時計をポチリ。「ポイントが8,000ポイントありますが、使いますか?」→もちろん、はい!結果、2,000円で時計ゲット!

つまり、

  • 元の値段は10,000円
  • 使ったポイントは8,000ポイント
  • 結果支払った現金は2,000円

この時計の支払いについて、個人事業主の会計帳簿に記載したいわけですよね。

ポイント利用分の帳簿の書き方

実は帳簿の書き方は3つほどありますので、やりやすい方法を選択してください。

  1. 元値段10,000円と考えて、ポイントを8,000円を雑収入、支出を2,000円とする
  2. 元値段2,000円と考えて、支出2,000円にする(簡単)
  3. そもそも経費に入れない(めっちゃ簡単)

では順に説明します。

方法①:元値段10,000円と考えて、ポイントを8,000円を雑収入、支出を2,000円とする

税理士の先生に聞くと、この方法が一番正しい方法で正確な帳簿になるそうですが、この方法でなくても全くOKだそうです。

  • ポイントは以下です。
消耗品の値段10,000円
収入雑収入 8,000円(ポイント分の現金が、個人事業主の財布に入るイメージ)
支出↑の雑収入の8,000円と現金2,000で、合計10,000円の支払い

方法①の帳簿の書き方

なので帳簿には以下のように記載します。

収入雑所得8,000円
支出消耗品10,000円

2,000円の現金については、備考に書いておいてもOKです。

合計所得額は増えますが、正しい方法がお好みの方にオススメです。

方法②:元値段2,000円と考えて、支出2,000円にする(簡単)

個人的には、いつもこの方法でやっていて、この方法が一番簡単です。

ポイントは帳簿に載りませんが、実際に支払った額は正しいので問題ないです。

  • ポイントは以下です。
消耗品の値段2,000円
支出2,000円の支払い

方法②の帳簿の書き方

なので帳簿には以下のように記載します。

支出消耗品2,000円

とても簡単ですよね。

方法③:そもそも経費に入れない(めっちゃ簡単)

そして、そもそもポイントで買った物は経費に入れない、という手もあります。

悩ウサ
いわゆる、闇に葬るパターンです

つまり、

「ポイントで、のちのち経費で落とすものを買わない」

ということですね。

ポイント分も現金で支払ったことにしてはダメなの?

全額支払ったことにする方が、帳簿の支出が増えるので書いておこうかと思うこともあるはず。

ポイントで8,000円分引いて実際は2,000円になりましたが、「10,000円の時計を、現金10,000円出して買った」ことにしてはダメですか?

ダメです。

ということで、

ポイント分も、現金で支払った書き方はダメ

です。

領収書を確認すればバレてしまう

そもそも、領収書にはポイント利用分は、分けて記載されていますよね。

Amazonの場合
  • 注文合計額:1,980円
  • Amazonポイント:-1,329円
  • ご請求額:651

このご請求額を帳簿に記載すればいいだけなので、簡単です。

まとめ

ということで、個人事業主のポイント利用で買った消耗品の帳簿の書き方についてまとめました。

帳簿を記載するのって面倒ですよね。

でも今記載しておけば還付があるので、時間があるときにつけていたいですね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる